サービスメニュー

エアー断震住宅

伊東工務店がエアー断震システムをおすすめする理由〜尊い命を尊ぶ家づくり〜 住まいづくりで伊東工務店が大切にしている事が3つあります。【健康】【未来への安心】【安全】

総じて言いますと「尊い命を尊ぶ」という事を念頭に置いて、住まいづくりに携わらせて頂いております。

日本は地震の巣

2011年3月11日の東日本大震災を通じて、多くの方々が日本は世界でも稀にみる地震の巣である事を再認識されたのではないでしょうか。神戸の地震の時より、建築基準法も耐震に対してかなり見直されてまいりました。しかし、自然というものは常に人間の認識を裏切る様なパワーを発揮してきます。家づくりに携わる私共は、その予想だにしない自然の猛威から家と命を守る事を、怠らず追及し続けていく必要があると思います。

地震は何度も建物を襲う

私は子供の頃に、地震が来たらジャンプすれば地震から身を守れる!と考えたことがあります。確かに空中に浮いていられれば、地面の変動(地震)が自らの身に伝わってこないことは事実です。我ながら子供にしては面白い事を考えたものだ、と思っておりました。しかし今、子供の頃に考えた事が現実にできる時代がやってきたのです。
エアー断震システムは、地震から家を守り、命を守る、まさに次世代の工法なのです。
既存の耐震や免震は必ず地震のパワーを建物に伝えます。地震のパワーに強固に対抗したり、揺れの伝わりを和らげる事が出来たとしても、家や住まう人への影響を完全に拭いさる事はできません。
それに地震は何度でも起こり得るのです。一度の大きな地震で崩壊はまぬがれても、確実にその負荷は影響を残します。万全な修繕ができれば良いですが、予算の都合等で建物へのフォローが放置された状態で、新たな地震の負荷を受けた時に、建築基準法の予想の抵抗力を発揮できるかは、保証はありません。

「家が宙に浮く」という現実

地震から「命を守ること」を最優先すると同時に、現実的に考えなければならないことが「資産を守ること」です。この度の東日本大震災でも、地震保険の恩恵を受けられないで、新たな住居の確保と被災してしまったマイホームの、二重のローン等に苦しんでいる方々がたくさんいらっしゃいます。
もちろん今後、国や地方行政の保障などが受けられることもあるかと思いますが、震災直後にすぐにそのような手当てを受けれる確証はありません。
家を浮かせることで、地中より伝わる地震エネルギーから家自体を完全に分離させてしまう「エアー断震システム」であれば、人の命も、家や家財道具などの資産も守ることができます。
場合によっては、エアー断震で無事だった家が、被災した地域全体を救っていく拠点として活躍し、さらに多くの命をも救う可能性を持っていると考えております。

伊東工務店の役割

東日本大震災の時は、伊東工務店の建築中の現場におりました。伊東工務店の通常の耐震工法の優秀さを感じた出来事にもなりましたが、外に飛び出した時に地面がありえないようなうねりと申しましょうか、体感したことのない感覚を体で感じました。
地球がこんなふうになるとは… 驚きとショックを受け、これからの建築に対してもっと課題を持って取り組まなければならないと強く心に確信を持ち、エアー断震の普及に邁進する事を決意いたしました。
伊東工務店は、地震国日本に住まう多くの人々の安全の役に立てる、エアー断震の家を多く普及させなければならないと考え、活動を展開いたしております。


家をまるごと宙に浮かせ、揺れを断つのが「エアー断震システム」

エアー断震システムは地震発生から約0.5秒~1秒程で空気タンクに貯蔵してある空気を人工地盤と基礎の間に瞬時に送り込み、家をまるごと浮上させます。家と実際に揺れている地面が切り離されるため、家自体、また家の中に居る人や家具なども地震の影響をほとんど受けずに済みます。また、エアー断震システムは一般的な免震システムに比 べ安価となっており、ローコストに安全の地震対策を建物に設置することができます。

1. 通常時

地震センサーが監視しています。普段は一般家庭用電源より常時充電していますが、停電などの非常時にはバッテリーに自動的に切り替わります。

2. 地震発生

地震センサーが一定以上の地震を感知すると(設定の変更は可能)約0.5秒から1秒程で空気が送られて家が浮き上がります。また、P波センサーをキャッチして(緊急地震速報と同じ原理)大きな地震が来る前に家を浮かせてしまうことも可能です。

3. 地震直後(位置修正)

地震の揺れが止まると今度は位置修正装置により、調整しながら家を正しい位置に戻していきます。

4. 大地震による停電中の余震

大地震などによる停電中でもタンクに貯めてある空気により、大きな地震の後に来る余震にも対応します。


実際にどのように浮き上がるのか、動画でチェック!

1. 地震の揺れを20分の1に軽減

[耐震とは-揺れに耐える構造]揺れ:非常に大きい 家具:転倒する 建物損傷:可能性高い 余震強度:弱い 価格:安価 [制震とは-揺れを吸収する構造]揺れ:大きい 家具:転倒しやすい 建物損傷:可能性有り 余震強度:有り 価格:比較的安価 [免震とは-揺れを逃がす構造]揺れ:ほとんど揺れない 家具:転倒しない 建物損傷:可能性低い 余震強度:強い 価格:高価 [断震とは-揺れを断つ構造]揺れ:揺れない 家具:転倒しない 建物損傷:可能性極めて低い 余震強度:強い 価格:免震の約3分の1

エアー断震システムは簡単にいうと、空気の力で家を空中に浮かせて地震の揺れから非難するための、最新の地震対策装置です。 地震が発生した時、地面は揺れますが、まったく地面と接していない浮いた家なら揺れることはありません。地震の揺れを10分の1から20分の1に軽減するという性能は、従来の免震装置の倍以上の性能です。この効果は防災科学技術研究所において実大振動実験を行い、実証されています。

2. 木造建築であれば、どのような家でも設置可能

エアー断震システムは、木造軸組工法・2×4・2×6など推奨構造は、木造及び木質建築物に限定しています。
鉄骨SRC・RC造などの大型案件については、現段階では、推奨しておりません。現段階では、開発中でございます。木造建築物であれば、平屋及び3階建建築物まで対応しています。

3. 年一回のアフターメンテナンス

エアー断震は、お手入れや保守のわずらわしさがありません。地震後空気の補充は自動でコンプレッサーによりタンクに補充されます。また、年に1回程度、担当社員が装置が正常に働いているかどうか、点検に伺います。ただし部品交換や専門メンテナンスは有料工事になりますので、ご相談の際詳細をお話しさせていただきます。

安全の実証 2010年4月20日に行われたAIR断震公開実験の様子

<実施場所>
独立行政法人 防災科学技術研究所 大型耐震実験施設
<実験内容>
木の家に搭載すると地震災害発生時に無傷無害

震度5と震度7の揺れでの実験を行いましたが、「テーブルの上のグラスが揺れない」という、高い断震性能が証明されました!

安全の実績 2011年3月11日 東日本大震災(M9) の稼働報告

青森県
1棟 浮上
茨城土浦市
4棟 浮上
茨城つくば市
2棟 浮上
千葉県柏市
1棟 浮上
千葉県我孫子市
1棟 浮上
東京都大田区
2棟 浮上
東京都葛飾区
1棟 浮上
埼玉県熊谷市
1棟 浮上
埼玉県ふじみ野市
1棟 浮上(実験棟)
新潟県柏崎市
1棟 浮上

※今回の震災で震度5以上に見舞われた地域で全て正常に作動致しました。

千葉県柏市

エアー断震装置が震度4に初期設定されていましたので、1回目の宮城地震の時は震度4まで揺れを感じましたが、直ぐ作動して浮上しました。若干の揺れは感じましたがたいした揺れではありませんでした。その時外を見たのですが電線が大きく揺れて、近くの建設中の住宅が揺れているのが確認できました。
2回目の茨城地震のときは、来客中で、震度4で再度浮上しました。このときも、浮上してからは、少しの揺れしか感じませんでした。

茨城県つくば市

外出先から帰りインナーガレージに居た所揺れを感じ建物の端にて待機していると揺れが強くなり、浮上しました。浮上してから揺れは感じなくなりましたがだんだんと地面が激しく動き出し次第にゆっくりになって3分位でしょうか動きは収まりました。周囲には6名程の方がいてこちらを見て家が動いていると、叫んでいました。しかしそれは逆でその方達が揺れていたのです。私は最初の揺れしか感じず、2階で家事をしていた妻は地震にさえ気づきませんでした。しかし直ぐに停電となり辺りは静まり返っています。遠方での地震かと思い直ぐにラジオを付け宮城県での地震だと知りました。その後また大きな揺れを感じ浮上しました。その時動いている様子をビデオに撮りました。
家の中の被害はありませんでした。サイドボードのワイングラスも倒れていませんでした。
近隣では屋内で亀裂が入り、揺れた家は瓦が落ちて、石垣の塀は倒れていました。どの住宅も屋内では家具がメチャクチャに飛んで食器が割れ大変な事になっていました。改めて、エアー断震装置の素晴らしさを体感しました。また、エアー断震装置のおかげで大地震の揺れを感じていないので実感がわきませんでしたが、周りの被害の甚大さでいかに揺れたかを知りました。

埼玉県ふじみ野市(2×3間の展示場)

前日に完成したエアー断震の体験ができる2間×3間の展示場の周りで、作業をしていたら地震を感じたので急いで展示場内に避難し浮上させました。浮上直後は揺れましたがその後は揺れを感じませんでした。
本震の直後の強い地震でも揺れは全く感じる事はありませんでした。スタッフ一同エアー断震装置の素晴らしさを体験しました。これからの家作りの考えを変えなければと改めて考えさせられました。

東京都大田区

強い地震が来たので事務所から裏の自宅の方に出てみると、家が浮き上がりました。3階建ての家がスーと浮きました。その後浮上し地面とは別に動きました。1階の応接室にお客様がいらっしゃいましたが、中に居た方は地震に気付く事なく、私が地震だと声をかけて初めて地震だと気がつかれました。実体験をし、改めてエアー断震装置の素晴らしさに感動しました。

Q.1  既存の建物にエアー断震装置を設置できますか?

エアー断震装置を既存の建物に設置することは可能ですが、大がかりな工事となり、既存の間取りや築年数などの状況により、金額が大きく変化いたします。 そのため、ご予算やご計画の内容によってご要望にお応えできる場合とお応えできない場合がございます。

Q.2  浮いた建物は元の位置に戻りますか?

地震が発生し建物浮上後に、下降しながら「位置修正装置」がはたらき、建物本体が地盤の元の位置に戻る動きをします。

Q.3  地震の際、建物が宙に浮いてしまったらガスなどの配管はどうなるのでしょうか?

ガス、上下水道、電気はフレキシブル配管により損傷しないように設置いたしますので問題ありません。
配管類は免震用継ぎ手を使用し、稼動幅に対応しております。

Q.4  もし装置が故障した時に地震がきたら?

エアー断震工法は、装置自体が単純で故障はほとんど無く、お客様ご自身がいつでも点検のできる装置です。
もし作動しない状態で大きな地震が来ても、人工地盤と基礎の間でスリップを起こし揺れを吸収するため、装置なしの建物のような倒壊被害は回避できます。

Q.5  停電が続いたら?

通常は電気にて地震監視センサーが24時間監視していますが、停電時はバッテリーに自動切換えになるために大地震の後の停電時に余震が起こっても心配ありません。

Q.6  アフターメンテナンスは?

エアー断震工法は、お手入れや保守管理のわずらわしさはありません。地震センサーのテストボタンにより常に浮上テストができるようになっております。地震後、空気の補充は自動でコンプレッサーによりタンクに補充されます。すべてのお客様に弊社より年1回の定期メンテナンス訪問を実施しております。また、自然災害発生時には確認点検訪問をさせていただいております。

ご希望の方にはパンフレットや、東日本大震災をAIR断震システムの家で免れたかたへのインタビューや実大実験映像のDVDを差し上げます!お問合せフォームから申込みください。